「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

わがままな組合員がいて困っています!

Q1 わがままな組合員がいて困っています!

私は今回輪番制で管理組合の理事になりました。
そこではじめて、うちのマンションには交渉事を好み、やりこめることを楽しむ60代後半のクレーマー(男性)
が住んでいることを知りました。
「やりこめる」とは主に管理会社相手です。些細なことを取り上げて「親会社に、国土交通省に、マスコミに言う」と脅し、理事会は何も対策をしていないとクレームをつけています。
些細なこととは、「清掃員があいさつをしなかった」「通路のコーンを片付けていなかった」など。このクレーマー、私からみると単なる暇つぶしにしかみえませんが、理事会で対処をどうすればいいのかわかりません。
他の管理組合でもこうしたクレーマーで困っているところはありませんか?
もしあれば、そうした時はどうしているのか教えてください。

ベストアンサーに選ばれた回答

チーム意識を持って対応しよう!
まずは現理事会でスクラムを組み、理事長一人がやり玉に上がらぬよう意思確認をしたうえで、理事会として注意勧告をしてはいかがでしょうか。
同じ住民同士でもめ事はやっかいで、やりこめられているのが管理会社なら、なるべく触らずにしているほうが無難と、避けたいところです。
うちのマンションでは、大規模修繕工事のあとに工事かしを訴える住民がいました。40代の独身女性です。
管理組合が納得しているのに、1個人が共用部分に傷がついている、汚れがひどい、職人の対応が悪かった…と、理事会に訴え、行政に訴え、NPO団体に訴えと必要な攻撃をしていました。

工事会社の担当者も悲鳴を上げて理事会に報告してきます。理事長の家にはその女性が1日何時間も苦情の電話をかけてきます。
何か金銭を巻き上げようとか、何かしてくれという要望はありません。ただただクレームをあちらこちらに執拗に投げ込むだけなのです。
今では理事会のほか工事会社も管理会社も仲間に入れチーム意識を持って対応するようにしています。
その上で、情報共有をし、クレーム等を証拠として蓄積していき、最終的に区分所有法の「共同の利益に反する行為」をちらつかせていこうと思っています。
管理組合としては、行うときに行うことをしなければ、周辺に変な評判が立ち、資産価値に影響するとも限りませんから…。

大規模修繕工事新聞編集部

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA