「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

軽量パネル脱着式止水板『フラッドセーフパネル』

67-7-1近年日本列島各地で多発する台風やゲリラ豪雨、洪水、土砂災害による浸水被害を最小限に食い止めるのが、軽量パネル脱着式止水板『フラッドセーフパネル』です。
設置場所は、マンション・地下駐車場、店舗の入り口など。
中空構造のポリカーボネート製(透明な強化プラスチック=オートバイのヘルメットなどで使用されている)で、1枚約9kg。浸水して困るエントランス等に置き、締めハンドルを回すだけでカンタンに設置ができます。

一方、一般的な土嚢(どのう)は1袋約20kgで、いくつも積み重ねる必要があり、重くて設置も運ぶのも大変です。
フラッドセーフパネルは1 枚の幅が50cm ~ 2m、高さ50cm。2mを超える場合は、取り外し可能な中間柱を設置することで、延長が可能となります。
マンションでの採用は、マンションエントランス、集会所等があります。設置費用はそれぞれのマンションで条件が異なるので、問い合わせてください。基本的には現地にて調査、採寸の上、見積もり提案をしています。

67-7-267-7-3タキロンマテックス株式会社
〒108-6030 東京都港区港南2-15-1品川インターシティ A棟 TEL:03-5781-8150
www.takiron.co.jp/product/product_11/useDir/usepdf/floodsafe.pdf

(大規模修繕工事新聞 第67号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA