「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

File Data. 11 神奈川・横須賀市/ダイアパレス横須賀堀ノ内by the sea 管理組合

09-2010-09-01

海の塩害対策 鉄部塗装に苦慮

マンション名がby the sea(海のそば)というだけあって、まさに目の前に海がある場所に立地する。このため、建物維持管理での大きな障害物は海からの塩害である。
今回、1回目の大規模修繕工事の前に、実は鉄部工事を単独で3年前に行ったばかりだったが、大規模修繕工事の事前調査の結果、外階段の柱や梁などについて、塗料メーカーの保証範囲として再工事の必要性が判明。前工事会社が再修繕することになった。
09-2010-09-06このため、それ以外の部分で、階段の段を中心にエポキシ系の錆止め塗料を塗り、塩ビシートで補修を行った。
住戸の玄関部分では、表面のシートが塩害となり、既存のシートをはがして錆を落とし、新たなシートで保護することとした。
設計・監理を担当した㈱建物保全センターの福市博臣氏によると「塩害がきつく、露出の鉄部は可能な限り撤去するようにし(1F駐車場シャッター他)、できないところは直接海風が当たらないように塩ビシートを貼るようにした」。
鉄部といっても、ベランダの手すり、面格子などのアルミ、金具に使われているステンレスも錆ているという。今回アルミはクリーニングし、錆の汚れを落とした。

(大規模修繕工事新聞 第09号)

09-2010-09-0209-2010-09-0309-2010-09-0309-2010-09-0409-2010-09-05


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA