「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

会社探訪/株式会社日装

09-2010-09-07

リピート率No.1を目指そう!

09-2010-09-11 小川社長自らが、経理も事務員も含めて社員全員にサービス介助士※の資格を推奨している。
※NPO日本ケアフィットサービス協会が認定する民間資格。ホームヘルパーが主として在宅介護を目的としているのに対して、入浴や排泄・食事の介助までは必要としない、比較的元気な高齢者や身体障害者などの介助を目的とする。
2回目、3回目の大規模修繕工事を行う管理組合からの受注が半分ある。リピート率の高さは、「お客様目線の高さ」と社長は断言する。
「ヒアリング資料など、同業他社が提出するものは似たり寄ったり。日装の特徴は心配りです」
それがサービス介助士資格の取得。工事中の不便さを健常者だけではなく、高齢者や身体障害者などのことも考えられるようにすることで、日装の大規模修繕工事の特徴とする。
社員にはサービス介助士の勉強会を年3、4回開催。住民へのホスピタリーマインドを持つことで、住民からの賛同を得て、リピート率の高さを目指す。

(大規模修繕工事新聞 第09号)

09-2010-09-0809-2010-09-0909-2010-09-10


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA