「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

管理費等請求事件 使っていないネット利用料も 管理費に含まれる!!

<大星 賞の判例検証>

管理費等請求事件

使っていないネット利用料も 管理費に含まれる!!

※2012.11.14 広島地裁

インターネット利用料をネット回線の保守料などと合わせて
業務委託契約を締結し、委託料として管理費に含めて一括請求
する管理組合に対して、インターネットを利用していない住民
(Y)が支払義務はないと争った事例。裁判所は、管理組合が
インターネットの利用の有無にかかわらず、その費用を管理費
に入れた管理規約を適法とした。

事件の要点

○ 管理組合は住民(Y)に対し、管理規約に基づき、管理規約
等18万9,442円(インターネット利用料金10万2,010円を含
む)を求めた
○ 住民(Y)はインターネットを利用していないため、利用料
金の支払義務はないと争った

広島地裁の判断

● 本件マンションにはインターネット専用回線等の設備が備え
られている
● 管理会社との間で提供業務のほか保守点検等についても業務
委託契約を締結し、委託料を支払っている
● 各戸からの徴収額2,850円は、全戸合計29万6,400円で、上
記委託料とほぼ同額である
● インターネットサービスの有無にかかわらず、資産価値の維
持・増大に資するものといえ、一律にインターネット利用料
金の支払いを負担すると規定した管理規約は区分所有法第
30条3項に照らしても区分所有者間の利害の衡平が図られ

るかというものではない
● 以上のことから、本管理規約は無効とまでは言えないと判断
し、住民(Y)の主張を退けた
<参考:判例時報2178号>

 解説

本件の場合は、インターネットマンションとして売り出され
た例だと推測します。
インターネット回線を全戸で共有・契約することで利用料や
保守費などが低減、つまり本来戸別で月に2,000円かかるもの
が1,500円なるなどのメリットがあるとした上で、販売してい
るのです。
こうしたマンションでは、購入時の売買契約において、重要
説明事項に記載があることが多く、また管理規約の特記事項に
も記載があるケースが多いようです。
一般的には、住戸内でインターネットを利用するかどうかは
専用使用の部分であるので受益者負担を訴えたいところです
が、「インターネットマンション」の条件を気に入って購入し
た人もいるので、区分所有者間の利害関係以前に取り決めた管
理規約を適法としたのだと考えます。

 

大星賞(おおほし すすむ)弁護士 ◆大星法律事務所 ◆東京都中央区銀座6-3-12 数寄屋ビル9F ◆TEL 03-3571-1138 ◆著書: 『大星賞の不動産紛争Q&A』『施設トップのためのわかりやすい福祉経営』(共著)『住宅・設備をめぐる裁判事件解説集』(監修)『PL用語辞典』(監修)など
大星賞(おおほし すすむ)弁護士
◆大星法律事務所
◆東京都中央区銀座6-3-12 数寄屋ビル9F
◆TEL 03-3571-1138
◆著書: 『大星賞の不動産紛争Q&A』『施設トップのためのわかりやすい福祉経営』(共著)『住宅・設備をめぐる裁判事件解説集』(監修)『PL用語辞典』(監修)など

(大規模修繕工事新聞 2013-7.5 No.43)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA