「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

区分所有者でない奥さんが理事になれるの?

73-16-01-21Q27 区分所有者でない奥さんが理事になれるの?

73-16-01-22

標準規約では代理出席は
認められない方向

マンション標準管理規約では「理事及び監事は、組合員(区分所有者)のうちから、総会で選任する」とあります。
しかし、近年では役員のなり手不足などの問題から、配偶者や賃貸人にも役員になれるという考え方が生まれています。
また、理事が事故で理事会に出席できないときは、その配偶者または一親等の親族に限り、これを代理出席させることができる」という規約条文を認めた判例(平成2年11月26日最高裁)もあります。
とはいえ、理事は区分所有者の中から総会で個人的資質やモラル適正、能力に着目して選任されているという前提があることから、現在の標準管理規約を改正する国交省の検討会によると、質問者の海外赴任などの理由では、奥さんの代理出席は認められないという方向にあるようです。「欠席する場合は、事前に議決権行使書を出すべきであり、代理出席を認めることは望ましくない」と。
これによって理事会の定足数が満たせず、管理に支障がきたす場合は、外部専門家の活用を促しています。
(大規模修繕工事新聞 2016-01 No.73)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ