「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

起震車を使って震度6強を体感

起震車を使って震度6強を体感

6月23日㈰、神奈川・横浜にあるグランフォーレ戸塚ヒルブリーズ管理組合(2002年竣工・10階建て・2棟・206戸)が行った防災訓練の様子を、マンション住民である森崇氏のブログより紹介します。

当日、自治会防災委員は朝9時にコモンハウス前に集合。10時から始まる防災訓練に向けて準備を行った。
本部長、副本部長を決めコモンハウス内に本部立ち上げ、本部長の指令のもとに委員が様々に動いた。
10時に非常ベルがマンション内に鳴り響く。
外階段を使って住民達が降りて来る。そしてコモンハウスへ集まる。安否確認をして開始を待つ。参加人数は74人。
訓練ではAEDや消火器の使い方、起振車体験の3つを体験した。
起振車体験は震度6強の揺れを体感。立っていられず、座ってもいられない程、上下左右斜めに揺れ動き、現実にはこれ以上の強さの揺れが襲って来るのだ。

グランフォーレ で は 防 災 訓練を春と秋に開催。春期は戸塚消防署が主催となっている。

(大規模修繕工事新聞 2013-9.5 No.45)

 

起震車が到着
起震車が到着
震度6強を体感する
震度6強を体感する
参加者訓練ではAEDの実践も
参加者訓練ではAEDの実践も
消火器の使い方も行った
消火器の使い方も行った

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA