「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

東京ガス・都市計画研究所 NEW都市生活レポート/ 『熊本地震後にみる首都圏の生活者の地震防災意識と実態』

東京ガス・都市計画研究所では2016年4月に発生した熊本地震後の7月、首都圏の生活者の地震防災意識の変化等を調査し、発表しました。 調査結果から、地震対策がさらに必要だという意識は7割超と高く、食料品、飲料水、生活用品などを備蓄する事の実施割合も6割も超えていました。 ただ、近隣との交流が消極的で不安に思っている人も多く、地域のセーフティネットワークが必要だということもわかりました。 (大規模修繕工事新聞89号)
2016年、東側外壁改修工事中のダコタ・ハウス(1884年竣工、8階建て93戸)
 

 首都圏における熊本地震の認知度は95.6%。属性別にみると、熊本地震への関心は2人以上世帯の男性が最も高く、約7割が「頻繁に情報を確認していた」。一方、単身世帯の男性は「頻繁に情報を確認していた」人が4割にとどまり、「知らなかった」と回答した人も14%いて、最も関心が低かった。

 

身の回りの地震対策がさらに必要だと思った人は7割超(思った+やや思った)であり、思わなかった(あまり思わなかった+思わなかった)は1割に満たなかった。属性別にみると、男性よりも女性のほうが、単身世帯よりも2人以上世帯のほうが、地震対策がさらに必要だと思った割合が高かった。

 家族への心配が最も高く、次いでトイレ、避難所での生活の不安が続いた。ひとり暮らしの女性に限った回答では、特に「近隣の知人がいない」ことへの不安が目立った。地域住民との関係性作りは重要であると考えられる