「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「凡事徹底」 当たり前の継続・積み重ねを大切に/三和建装株式会社 中 衆司新社長

49-05-01

この人に訊く―

三和建装株式会社 中 衆司新社長

「凡事徹底」
当たり前の継続・積み重ねを大切に

「人のくらしを美しく」を社是とし、昭和53年から首都圏を中心にビル・マンションの改修工事を手がける三和建装㈱は昨年11月28日、株主総会後の取締役会において組織改革を行い、元角昌三社長が代表取締役会長に、中衆司専務取締役が新たな代表取締役社長に就任した。新社長就任直後の中社長に話を聞いた。

−新社長に就任しましたが、今の意気込みは?
経営理念に「凡事徹底」というスローガンを掲げました。
マンション大規模修繕工事はお客様が住みながらの工事ですから、当たり前のことを当たり前に継続的にやる―それを徹底することが大事だという意味です。
米大リーグのイチロー選手も高校時代365日、3年間毎日寝る前に素振りを繰り返したと聞きます。
中途半端に仕事をするのではなく、「ちょっとしたこと=僅差」の継続的な積み重ねが大きな差につながると思い、社員に伝えていくつもりです。
49-05-07−具体的には?
身近なところで例えば、社内トイレの掃除を当番制で毎日行うことにしました。すると、「次だれ?」「きれいで気持ちいいね」など、自然とコミュニケーションも広がっていることがわかります。
現場でもこうした姿勢が浸透することで、お客様に対するあいさつなどにつながり、働きやすい良い現場になっていくと考えています。
社員フォローも十分に考えられているとか
社員は人材ではなく、「人財」です。
会社として予防接種の徹底、災害時用のリュックの携帯、安否システムの導入等、「この会社で守られているから安心して働ける。だから仕事に対するモチベーションが上がる」という雰囲気を作りたいのです。
職人さんも他社との取り合いになれば価格競争になります。三和建装で働けば安心だと思ってもらうことで、現場がまたよくなります。
結果的に、お客様の満足が得られる工事を行うことができるようになります。
「協力・結束・調和」「常に真摯であれ」「サービスが先、利益が後」の姿勢が三和建装の企業としての力を生み出していくはずです。
今後の抱負を
まず、地域コミュニティーの形成に寄与することを考えています。
地域で信頼され、社会貢献を行っていくことが仕事に対する誇りです。若者が生涯働きたいと思える会社、現場を目指していきます。

東京・西東京市にある三和建装本社ビル
東京・西東京市にある三和建装本社ビル

 

西東京市民祭りに参加。地域企業として建築 材料を用いた企画で子供とのふれあいを図る
西東京市民祭りに参加。地域企業として建築
材料を用いた企画で子供とのふれあいを図る
昨年1月の大雪では、社員総出で近隣周辺の雪かきを行った
昨年1月の大雪では、社員総出で近隣周辺の雪かきを行った
1月7日には周辺住民との餅つき大会を実施
1月7日には周辺住民との餅つき大会を実施
9月3日は本社での防災訓練。リスクに対する意識を高揚させる目的で毎年実施
9月3日は本社での防災訓練。リスクに対する意識を高揚させる目的で毎年実施

(大規模修繕工事新聞 2014-1.5 No.49)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA