「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

日本マンション学会福岡大会/4 / 19 ~ 21 福岡・福岡大学等で開催

メインシンポジウムの会場

 一般社団法人日本マンション学会は4月19 ~ 21日、福岡市城南区の福岡大学等で福岡大会(第28回)を開催しました。
 今大会のメインシンポジウムは「被災マンションの課題とそれをふまえての提言」をテーマに開催。
その他「長寿化に向けたコミュニティ管理運営とコミュニティ形成」 「終末を仮設定した管理システム開発」「認知症高齢者等 の課題の解決視点について」「高経年分譲団地のストックの改善と再生」など7つの分科会報告を 行いました。

 また、21日午後からは福岡市東区に位置する香陵校区のまちづくりを見学しました。
 香陵校区の特徴は、公共と民間との協力により、住宅はすべて高水準の集合住宅であることなどがあげられます。
 特にネクサスワールドは、日本を代表する建築家、日本芸術院会員・磯崎新氏 のコーディネートにより、国内外の建築 家6人が集合住宅を競作したものです。
海外の気鋭建築家が競演したマンション 群として世界的にも有名な場所となっています。
 今回の見学会では、この住環境を守り育てようと福岡市地域まちづくり推進要綱に基づき2014年に発足した「香陵校区まちづくり協議会」のメンバーに、マ ンション開発による住環境の形成と、街の魅力の維持と向上のための取り組みについて紹介してもらいました。
 まちづくり計画に向けた活動では、全住民に対するアンケートやワークショップ、意見交換会を実施し、ルー ルやまちづくり計画の取りまとめを行っています。
 協議会の代表者のお話では「まちづくり計画は福岡市の考えではなく、住民の要望をくみ上げ、住民管理をしていく必要がある」と発言されていたのが印象的でした。

(大規模修繕工事新聞 114号)

海外の建築家が競演したマンション群

設計/クリスチャン・ド・ポルザンパルク氏
(1991年・フランス)

設計/オスカー・トゥスケ氏
( 1991年・スペイン)

設計/レム・コールハース氏
(1991年・オランダ)

設計/スティーブン・ホール氏
(1991年・アメリカ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA