「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

機械式→平置き! 駐車場問題解決へ / 駐車場リノベーション機構

 都市部のマンションでは近年、機械式駐車場の空きが増えています。高さ制限でハイルーフ車が入らない、若者の車離れ、後期高齢者の増加などが原因といわれています。
 川崎市の84戸のマンションでは、機械2段式20台、平置き8台の計28台を設置していましたが、メンテナンス費用の節約を目的にリニューアル工事を実施しました。
 工事内容は、機械式駐車場を全面撤去、すべて平置きとし(20台→10台)、従来の平置きの場所を増設(8台→11台)、さらに平置きを3台新設し、結果として5台減少の23台の平置きの駐車場としました。
 工事後の支出において、機械式のメンテナンス費用55万円/年、この先20年間の長期修繕計画費用の合計約1,800万円の支出軽減ができました。
 全国建物調査診断センターでも機械式駐車場に関する相談が圧倒的に増えています。全建センターのサービスのひとつである「駐車場リノベーショ ン機構」では下記のとおり、駐車場のさまざまな問題をワンストップで解決するため、コンサルタントやアドバイザーなどの専門家、協力会社を組織し、対応にあたっています。
 (1)駐車場使用料の会計処理、税金対策
 (2)迷惑駐車対策・防犯対策
 (3)メンテナンス内容の見直し
 (4)空き駐車場への対応
 (5)機械式駐車場リニューアル
 ご相談、ご要望は、電話、FAXまたはE-mailでお申し込みください。

<問い合わせ先>
一般社団法人全国建物調査診断センター
提供サービス「駐車場リノベーション機構」
☎03−6304−0278 FAX. 03−6304−0279
E-mail:info@zenken-center.com
URL://www.parking-renovation.com
(大規模修繕工事新聞 119号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA