「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

工事完成保証制度のススメ/保証人担保は公正さ損なうリスク

72-15-12-1 一般社団法人全国建物調査診断センターでは工事完成保証制度を管理組合に勧めるスタンスを強調していますが、わずかな保証料の支払いを巡り、費用の発生しない連帯保証人を付保することで工事完成を担保するケースが増えています。
しかし、実際に工事が中断した場合を考えると、連帯保証人である会社が同等以上の工事品質を引き継ぐことができるかどうかは疑問です。
保証制度では役務保証のほか、金銭保証も付帯されているため、引き継ぎ会社も安心して、その後のフォローをすることができるのです。
保証人による担保は請負業者間の貸し借り、入札の公正さを損なうリスクがあり、談合の温床になるという危険性は何度も紙上で指摘しています。
公正明大な業者選定を第一義と考え、連帯保証人の付保よりも、仕組みとして機能している保証制度をオススメします。
(大規模修繕工事新聞 2015-12 No.72)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA