「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

防犯カメラ既存リース期間満了時の更新に一考あり! 時代はアナログからデジタル化へ

72-15-12-18今や防犯カメラは新築時から設置されているケースが多い、マンションの必需品となっていますが、現状のカメラが万一の際に活用できるか、または有効かどうか理解している管理組合はどれだけあるでしょうか?
「万一の際」とは、空き巣、車上荒らし、痴漢、その他諸々です。
とはいえ、従来型の防犯カメラはまだまだアナログ型が多く、録画画像が不鮮明で肝心な不審者の顔や特徴が分からない、拡大しても画像がぼやけ一層分からなくなる、綺麗に写る距離が短く範囲が狭いものです。
本当に防犯カメラの記録を必要としていないがために、従来のアナログカメラが、単に「抑止力」のみで設置されているのが現状といえるでしょう。
そこで、人物の顔や特徴、車両のナンバー等が鮮明に録画できるデジタル化の防犯カメラを紹介します。デジタルカメラは解像度が高く、拡大してもズーム機能を使っても鮮明な画像をみることができます。また、赤外線による反射を強弱の調整で夜や暗室でもしっかり撮影ができます。
事件等が発生した際、カメラ録画画像の活用が解決に有効な手段となります。
設置は簡単、価格もリーズナブルです。防犯カメラのリース満了期間時の更新の際に一度検討してみてはいかがだろうか。

問 い 合 わ せ
株式会社アルファトラスト
〒105−0014 東京都港区芝2−5−10
NDビルサニーポート11F
TEL:03−6414−2320
FAX:03−6809−6966
www.alphatrust.co.jp

(大規模修繕工事新聞 2015-12 No.72)

72-15-12-1972-15-12-20


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA