「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q33 マンション標準管理規約改正/管理規約を改正する必要はあるのか?

30 Q33 管理規約を改正する必要はあるのか?

マンション標準管理規約が3月14日、改正されたと聞きました。私たちの管理規約も標準規約に沿って改正すべきでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

実情に合っているかを検討
管理組合ごとに判断を

79-679-7 管理規約を改正するマンションは標準規約よりも、当初の規約が「公平性に欠けるため」「トラブルになる可能性があるため」、マンションの実情に照らし合わせて改正するケースが多いようです。したがって、標準規約の改正に伴って改正する必要はなく、改正すべき点があるかどうか、マンションの実情に合っているかどうかをよく検討した上で、管理組合ごとに判断されるとよいでしょう。

新築マンションにおいて、管理規約の作成者は分譲会社や管理会社で、ほとんどが販売時に用意している原始管理規約です。
平成25年度マンション総合調査結果(平成26年4月23日公表)によると、この原始規約を含め、複数回管理規約を改正したことがある管理組合は約6割(グラフ①)でした。
一方、グラフ②のマンション標準管理規約改正の認知状況では、約4割が「標準管理規約のことを知らない」と答えています。

管理規約の改正は、総会において区分所有者数と議決権の各3/4以上の賛成が条件となります。過半数の普通決議より、レベルの高い特別決議であります。安易に標準管理規約に照合して改正すると、トラブルがあった場合、再度改正するにも手続きが大変です。
よく検討して、各管理組合に適合した管理規約を意識することが大切ではないでしょうか。
(大規模修繕工事新聞 第79号)