月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

工事会社社員のプロボクサー/ 東上選手の不屈な精神力に感動

プロボクシングの日本タイトル挑戦権を争う「最強後楽園」が10月22日、後楽園ホールで行われました。当日、スーパーフェザー級8回戦でリングに上がったのが東上剛司選手(ドリーム所属/同級4位)。マンションの大規模修繕工事を手がける㈱エーファイブ(本社:東京都墨田区、木村康三社長)の社員をしながらプロボクサーを続けています。

試合は「激闘」と言ってよいほどの激しい攻防戦! 10 歳も年下の対戦相手・杉田聖選手(奈良所属/同級 3位)に向かい、中盤は圧倒的に東上ペース。「ツヨシ! ツヨシ!」会場では手に汗握る観客からの「ツヨシコール」が鳴り響く中、熱い闘いが繰り広げられました。

結果は僅差の判定で杉田選手に軍配が上がりましたが、仕事をしながらプロボクシングを続け、 10歳も年下の相手に激しい打ち合いをする東上選手 。その不屈な精神力に心が震えました。勇気と感動をありがとう!

(大規模修繕工事新聞 第83号)

中盤は東上選手(左)のペース
東上選手のパンチがヒット