「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q62 自治体から名簿の提出を求められて…

Q62 自治体から名簿の提出を求められて…

 私の住む街では、自治体から管理組合に対し、住民名 簿の提出を求められています。目的は災害時の要支援者 の確認ということですが、個人情報を簡単に提供するこ とに抵抗があります。個人情報保護法においても、管理 組合は事業者としての対象になるといいます。  こうした行政の要請にどう対応すればよいのでしょう か?

ベストアンサーに選ばれた回答

組合員名簿と防災に役立てたい名簿 管理組合と自治会で分けて管理を  私のマンションでは、管理組合名簿と防災用の要支援 者名簿等を分け、防災用は自治会の責任で保管していま す。  自治体からの住民に関する情報開示請求等は「自治会 に聞いてください」とはっきり言えるように分けている のです。管理組合と住民の個人情報の開示は無関係と言 えるようにするためです。  管理組合は建物の維持保全が目的なため、管理費等の 収納など、最低限の情報のみでいいものです。
 このため、組合員名簿と防災に役立てたい名簿を管理 組合と自治会で分けて管理することをお勧めします。  マンション単体で自治会がなく、地域の町内会に属し ている場合でも、マンションでみなし自治会みたいな、 自主防災組織を作ることは可能ではないでしょうか。

(大規模修繕工事新聞106号)

自主防災隊で安否確認訓練を実施

管理組合と自治会共催の防災訓練


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ