「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

マンション設備の改修 <解説と事例> マンション設備のこぼれ話

ディスポーザーから異音が発生!?
ディスポーザー付きマンションが出現して20年が経過 しようとしています。
ディスポーザーはキッチンの排水口に設置し、生ごみと水を一緒に流すだけで、ディスポーザーが生ごみを粉 砕してごみ処理する、大変便利な設備です。
キッチンの排水口から流すだけで、ごみ置き場に捨て に行く必要がないので、一度使いうと手放せなくなる近代設備といえます。
ところが、ある日ディスポーザーを回すと、金属を入 れたような異音がする、部品が外れたようだ、すぐ来て 直して欲しいと言われ、マンションに急行したことがあ りました。  確かに金属を入れたような音がしています。
中をのぞき、手を入れたところ、犯人が判明。それは、 お客様が朝食べた梅干しの「種」。種が固くて粉砕できな かったようでした。
当初、お客様はご立腹だったのに、「犯人はお客様が食 べた梅干しの種でした」と言うとその場の雰囲気がなん とも言えない微妙な感じになったという話です。


もし天井から水が漏れて来たら…
マンションで最上階に住まない限り、上階の住民の水の使い方次第で、その階下の住民が漏水被害に合う場合 があります。
その時に、直上の階の住民に対し、怒って苦情を言い に行ってはいけません。
「うちの天井から水が漏れてきたんですが、お宅も天井 から漏れてきていませんか?」と聞くようにしてはいか がでしょうか。
最初から直上階の住民を犯人と決めつけてしまうと、 気まずい関係になってしまいます。一呼吸置くことが大 事です。
マンションでの水漏れというのは、実は原因がいろい ろあります。
・上階住民の不注意(洗濯機のホースはずれ等)
・配管の劣化 ・コンクリートからの雨の浸入
つまり、必ずしも上階住戸からの漏水が原因といえな いわけです。
共用部分が原因の漏水であれば、管理組合の責任のもと、マンション総合保険などで、補修することになります。
原因がどこにあるかによって、その後の対応が変わる ので、漏水被害があっても上階の住民と直接交渉をしな いで、管理組合や管理会社を通して、原因解明からはじ めたらよいでしょう

<文/全国建物調査診断センター・ 給排水設備担当:淵上>

(大規模修繕工事新聞 111号)