「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

放 置 自 転 車 を 無料で回 収 し ま す !

不用自転車は5台から、バイクは1台からOK
不用自転車は5台から、バイクは1台からOK

大規模団地に限らず、駐輪場に放置自転車があふれて困っている管理組合は多いはずです。
一般的なマンションでは、使用細則を作り、駐輪場使用料を月額100円や200円などと決め、登録シールを貼ることで、管理組合が許可した自転車だと把握できるようにしています。
登録シールのない自転車はルール違反の放置自転車とみなされ、細則では処分できる旨を定めています。ただし、処分するにも、警察で防犯登録の確認をするなど、思わぬ手間がかかります。廃棄業者に依頼した場合、1台500円なんて金額を要求されたりすることも…。
こうしたことから、マンションでの常に頭の痛い問題が放置自転車。自転車回収専門業者として活動するサイクルストップグループでは、不用自転車は5台から、バイクは1台から完全無料で回収してくれます。

撤去した自転車のほとんどは、海外に輸出されリサイクルするか、金属として処理するなど、環境に配慮した対応を行っています。

51-8-2

サイクルストップグループ
0120-959-319
www.cyclestop-jp.com

 

 

(大規模修繕工事新聞 2014-3.5 No.51)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA