「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

自分の部屋を勝手に改造している住戸があって困っています。

教えて!管理組合交流相談室 ベストアンサー編

Q10 自分の部屋を勝手に改造している住戸があって困っています。

ベストアンサーに選ばれた回答

専有部分リフォームガイドラインの作成を

専有部分の修繕や改造等については、「できること」と「できないこと」があることを知ってもらうことが大切で
す。事前承認の規定があるにもかかわらず、承認なしに工事に着手してしまい、トラブルになることがあります。
実際に壁に勝手に穴を開けたり、連続した2戸を1戸にしたり、上下階で内階段をつけてしまったりすることがあります。
建物本体の強度に影響を及ぼす改造は決してやってはいけません。壁紙やカーペットの張り替えはできても、畳やカーペットをフローリングに改造するには専門的な検討が必要となります。
電気の使用容量を増やす場合にも幹線の取り換えなど、建物全体としての対応が必要な場合があります。エアコンの設置でも壁やベランダの天井に固定ボルトを設置したところが水漏れの原因になった事例もあります。
また、理事長が事前承認・不承認を適切に実施するには建築士等の専門家のアドバイスを受けることが必要な場合も考えらえますので、管理規約に明文化しておくことも大切です。
理事長は承認なしに行った工事に対して、是正のための必要な勧告を行い、差し止めや原状回復などの措置を取ることができます。
届出だけでよい工事、承認が必要な工事、決してやってはいけない工事などの詳細を規定した「専有部分リフォームガイドライン」を作って居住者に配布しておくと効果的です。
(参考/横浜市発行「マンション管理・再生の手引き」)

(大規模修繕工事新聞 57号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA