「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

工事業者選定の相談・・・でも?

工事業者選定の相談・・・でも?

 6年くらい前のこと、130戸・築12年目で初めて大規模修繕工事を実施する管理組合から「どんな工事業者がよいのか」という相談を受けたことがありました。
 工事の基本から設計・監理方式などを説明し、十数社にのぼる工事業者から見積もりを取り、5社に絞ってプレゼン、ヒアリングを行いました。いろいろ試行錯誤した結果、理事12人の満票で改修専門業者のA社に決定。落札価格は1億1,500万円でした。
 そこでA社と契約を結ぶにあたって、理事会は決定したばかりのA社に「もうちょっとなんとか」と金額面の値下げを求めたのです。実は最安値であったゼネコンのB社が1億円という数字を出していたからだそうです。
 でもとにかく満票で選定されて、A社の営業担当は職人の人工数や数量の見直し、企業努力などによって1億300万円にまで工事金額を下げ、管理組合に改めて見積書を提出しました。 B社が1億円ということはA社の担当者はまったく知りません。
 さて、その後、A社には管理組合から連絡はなし。そして2週間後、営業担当に「今回はご縁がありませんでした」という手紙が1通…。
 最終的に施工業者に決まったのは、プレゼン、ヒアリングで0票だった最安値「1億円のB社」だったそうです。

 結局おカネの話だけで決まるのなら、プレゼン、ヒアリングをやる必要があるでしょうか?
 プレゼンをした業者はみんな労力と時間をかけて来ています。それを選定する管理組合のメンバーもせっかくの休日をプレゼン、ヒアリング、結果を検討する会合に当てているのではないでしょうか。そもそもサブコン(改修業者)よりゼネコンが安値って…?
 書類選考、見積もり合わせ、プレゼン、ヒアリングを行った上で、なおかつそういう風に業者選定を進めていく管理組合が施工中、施工後もあわせて、結果的に満足できるかどうかは分かりません。安くできたで満足ならそれでいいでしょう。
 しかし、工事業者をおカネだけでしか判断しないのなら、工事の結果責任については、管理組合は相談した全建センター等に持ってこないでほしいですね。

(大規模工事工事新聞 第132号)