「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

ALL水性サビ止め工法『サビキラー』

特殊塗料を手がける㈱BAN-ZI(宮原万治社長)は工事中の居住者、作業員、さらに環境を第一に考え、安全・安心な水性防錆塗料を使用したALL水性サビ止め工法『サビキラー』の開発・製造に携わっています。


■ ALL水性サビ止め工法『サビキラー』4つのポイント ■

1.オール水性である
 すべて水性のため、油性独特の「溶剤臭」がなく、居住者や作業員にも優しく安全で安心な水性塗料です。
 下塗りのサビキラープロは、鉄部が多少湿っていたり、濡れていてもウエス等で拭いてすぐの塗装が可能。結露の多い時期でも早朝からの工事開始を可能にします。
 中塗りのエポプライマー、上塗りのサビキラーカラーも同じく水性のため、塗装間隔も非常に短く速乾性で工期短縮に有利です。
2.サビにそのまま塗れる!
 下塗りのサビキラープロは施工個所のサビをすべて落とす必要がなく、サビに直接塗布できるので、作業の手間を省き、コストと作業時間を大幅に削減できます。
 水と反応して起こるサビ転換反応のため、油性より水性のほうがさらにサビ転換の力を発揮します。抜群の効果と安全性が期待できる水性サビ転換塗料です。
3.性能な水性防錆塗料
 上塗りのサビキラーカラーは油性以上の防錆効果を保持。刷毛目もつきにくく鮮やかな光沢の仕上がりが期待できます。
 食品衛生法にも適合しているので、子どもがいる環境でも安心して使用することができます。
 指定した色への調合も可能で、手すり、ドア部、配電盤などさまざまな個所に合わせた調色をすることができます。
4.作業性が抜群
 下塗りのサビキラープロは多少の湿りや濡れがあっても施工可能。ケレン作業の手間も省け、下地を選ばず安心して作業ができます。
 中塗りのエポプライマー、上塗りのサビキラーカラーはその上、ローラーや刷毛目がほとんどつきません。水性は刷毛目がつきやすいという弱点がありましたが、油性並みに作業性が向上しました。

(大規模修繕工事新聞 2020-04)