「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

『管理組合・理事のためのマンション管理実務必携〔第2版〕』

 マンションの維持管理の総合的なサポートを行う弁護士、建築士、税理士、マンション管理士らで構成するマンション維持管理支援・専門家ネットワークがマンション管理全般の必須知識をまとめた概説書の第2版。
理事として知っておきたいマンションの建築・設備、法律や管理規約、マンション管理と税務など、多岐に亘るマンションライフでの問題や悩みについて、解決の道筋をつける役割として利用したい一冊である。 第2版では、第7章マンションをめぐる近時の問題として、民法の一部改正(債権法改正)による消滅時効、瑕疵担保責任、マンション管理適正化法改正によるマンション管理適正化推進計画等について説明を加えた。
 コロナ感染症対策については、総会、理事会の開催方法、修繕工事への影響、管理会社との関係など、管理組合が置かれている状況と対応法が記述されている。


『管理組合・理事のためのマンション
管理実務必携〔第2版〕』
編者/マンション維持管理支援・
専門家ネットワーク
発行/㈱民事法研究会
A5判・301ページ
定価/ 2,700円+税
2020年12月15日発行
ISBN 978-4-86556-400-6


(大規模修繕工事新聞135号)