「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

除草に子ヤギをレンタル

69-01除草に子ヤギをレンタル

コミュニティ向上での活躍も期待
アーバンコンフォート横浜和田町管理組合

横浜・保土ケ谷区のアーバンコンフォート横浜和田町管理組合では7月19日から、3カ月契約で長野県伊那市のグリーンファームより、今年4月生まれの子ヤギ「ルル(オス)」「モモ(メス)」(名前は居住者による公募で決定)の2頭を除草対策、コミュニティ向上を目的にレンタルしています。
管理組合では「子ヤギの話題から居住者同士が顔を合わせる機会が増えた。夏休み期間中なので、特に子供たちが喜んでいるし、高齢者と子供の接点も生まれています」といいます。
子ヤギの放牧場所は急勾配の法面約730㎡。この一帯は入居以来14年間、管理会社による除草につき年1回23万円を植栽管理費として支払ってきたそうです。
子ヤギのレンタル料は1頭につき半年間で3,000円×2、プラス小屋代1基5,000円で、合計1万1,000円。1頭当たり月に100㎡は食べるということから、うまくいけば十分な節約効果が期待できそうです。
組合では「ヤギをお世話し隊」を設置し、飼育のサポート(水の入れ替え・小屋の清掃等)を行っています。動物や家畜が苦手な居住者もいるので、特に匂いや鳴き声には気を使っているそうです。ただ
近隣住戸を含む地域の自治会に報告したところ、拍手で歓迎されたといいます。
居住者間では「試行錯誤を繰り返しながら、来年以降も続けられれば良いのでは」という話が持ち上がっています。
(大規模修繕工事新聞 第69号)

長野県伊那市のグリーンファームにて、子ヤギを受け取りに行った理事長と副理事長(左から2人)
長野県伊那市のグリーンファームにて、子ヤギを受け取りに行った理事長と副理事長(左から2人)
放し飼いにする法面は約730㎡。50~60度の急勾配となっている
放し飼いにする法面は約730㎡。50~60度の急勾配となっている
子ヤギは暑い真夏の日差しを避け、夕方から夜にかけて活発に活動している
子ヤギは暑い真夏の日差しを避け、夕方から夜にかけて活発に活動している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ