「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

首都圏の築年別マンションストックデータ

07-1507-02民間データ会社(株)マンションデータサービス(庄田吉衛社長、東京・池袋)によると、首都圏の築年別マンションストックデータから1回目の大規模修繕周期である築l2年目にあたる物件を抽出したところ、2010年から5年間の合計が8,567件で、5年間の過去最高になることがわかった。
内訳は、2010年1902件、ll年l,619件、12年1,819件、13年1,611件、14年1,6l6件。
5年後の対象数は6,685件で28%減。同社では「1回目の大規模修繕工事対象数は今が頂点の時期にある」としている。
(大規模修繕工事新聞 第08号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA