「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「マンションコミュニティ研究会」発足

7月17日の設立記念フォーラム
7月17日の設立記念フォーラム

「マンションコミュニティ研究会」発足
大規模修繕工事む住民同士の意思疎通から

(財)マンション管理センターの主任研究員である廣田信子さんが主宰する「マンションコミュニティ研究会」が2010年7月17日、東京・新宿区の新宿歴史博物館で設立記念フォーラムを開いた。
8月19日第1回勉強会は廣田信子代表による「高齢化の現状と『孤立、孤独』を防ぎ心豊かに暮らすための提案」、9月l4日第2回勉強会はエノスコンサルタント事務所の曽根幹弁代表による「エニアグラムを利用したコミュニケーションの方法」をテーマに、それぞれ好評を得ている。
大規模修繕工事も住民間、管理組合の含意形成が重要課題である。マンションのコミュニティーロンを勉強できる場でスムーズな管理運営が期待できる。
第3回は下記の通り。
日 時:10月20日18:30~
会 場;銀座アロマテラビースクール
(東京都中央区銀座2-ll-4富善ビル3F)
テーマ:「さて、たいへん!これからのマンション住まいはどうなるの?」
講 師:有馬百江氏(NPO集住センター常務理事)

9月14日 第2回勉強会は自分の性格を客観視する機会だった
9月14日 第2回勉強会は自分の性格を客観視する機会だった

「マンションコミユニテイ研究会」が日指すもの

●「集まって住むってステキ」という常識を作ろう!
●コミユニティのセーフティネットをつくろう!
●新しいコミュニティの形をつくろう!
●相手の気持ちを考えたコミュニケーションでコミュニティをハグくもう!
●一人ひとりのちょっとした気配りと行動でコミュニティを変えていこう!

(大規模修繕工事新聞 第10号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA