月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

File Data. 20 神奈川・横浜市/ブロードスクエア戸塚管理組合

16-2015-04-1確実な品質工程管理のため
大型物件を小工区分割して施工

今回工事の大きな特徴は、399戸の建物全体を大きく3分割し、分割した工区を更に40 ~ 60戸程度のブロック分けて施工したことである。工事が安全にスムーズに進行すると同時に、確実な品質工程管理を行うことが目的だ。
仕上げのこだわりとしては、下地補修部分に対して新築時の塗装模様を復元してから全体的に改修仕様の塗装を施工し、補修跡が目立たないよう均一の仕上げを行った。
16-2015-04-2 また、建物の手摺天端やアルミ手摺の脚部のひび割れからの漏水や浸水による鉄筋露出を防ぐため、バルコニー・開放廊下・外部階段・屋上パラペットの天端部分については既存の脆弱塗膜を全て剥離し、下地の補修を十分に行ってから次工程へ進むようにした。
タイル補修に関しては、漏水を伴う浮き等の不良や下地のひび割れが多くあり、再発防止のため、特に手間をかけた工事を実施している。

(大規模修繕工事新聞 第16号)

16-2015-04-516-2015-04-316-2015-04-4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA