月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

File Data. 86 神奈川・横須賀市/よこすか海辺ニュータウン ソフィアステイシア管理組合

75-01マンションクオリティの高さは防災力
工事でもブレない管理組合のコンセプト

2015年6月7日、工事終盤で地元住民が参加した現場見学会を開催。その様子を7月5号(67号)で紹介したが、今回は、工事プラスアルファについて追記する。
ソフィアステイシア管理組合では、過去の修繕履歴を知る歴代理事長全員が委員を務める大規模修繕委員会が中心となって大規模修繕工事を実行させた。
75-02ソフィアステイシア管理組合にとっての第1回大規模修繕工事は、一連の建物改修のほか、全館一斉放送システムの導入、受水槽内へのタンクセイバーの設置、し尿処理能力のある災害対策用簡易トイレやマンホールトイレの購入など、工事においても意識は常に「防災力」に向けられている。
「ソフィアステイシアのマンションクオリティの高さは防災力にあり」―これが常に管理組合の軸であり、工事においても、コミュニティー形成においても、何事にもブレないコンセプトだ。
水道本管からの直結給水化が普及している中で、あえて155トンの受水槽を残す選択をした。それは「水とトイレは最低限、管理組合の義務」という考えがあってのこと。
そこで導入したのが、受水槽を地震被害から守る浮体式波動抑制装置「タンクセイバー『波平さん』」である。
大地震で受水槽が破損するのは、長周期地震動によって容器の中の液体(水)が激しく波打つこと(スロッシング現象)が原因だと言われている。
「波平さん」の設置はタンク内の水に浮かせるだけ。地震で大きく動こうとする流体は「波平さん」を通ることで液面揺動による波高が大きく減衰(1/3以下)し、タンクの損壊を防ぐことができるという。
ソフィアステイシアの住民は約1,000人。1人3リットルとして50日分が確保できる計算だ。
また、防災箱を購入し、津波被害を想定して6F以上の12カ所に設置。防災箱には、発災直後の避難誘導の仕方、初期活動の作業手順を置き、年々避難道具や機材を増やして箱の中身を充実させていくという。
工事期間中の昨年6月、管理規約を改正。規約の目的に「防災・減災に努め居住者の生命と財産を守る」と明記した。発災後の応急復旧費用は大規模修繕会計から支出ができる、災害により緊急の場合は居住者の同意を得ることなく専有部分に立ち入ることができる等、防災に関する具体的な記述を追加するなど、ブレない姿勢はそこにも現れている。

75-08設計・監理者:株式会社 英綜合企画設計
■本社
〒238−0004 横須賀市小川町25−5−203
☎046−825−8575
代表者:島村利彦  設立:1987年(昭和62年)
資本金:1,200万円  http://www.hanabusa.e-arc.jp
施工者:建装工業株式会社
■本社・首都圏マンションリニューアル事業部
〒105−0003 東京都港区西新橋3−11−1
☎03−3433−0503
■関西支店
〒564−0063 大阪府吹田市江坂町2−1−52
☎06−6821−3611
代表者:高橋修身  創業:1903年(昭和36年)
資本金:3億円  http://www.kenso.co.jp
施工者:横須賀管工事協同組合
■本社
〒238−0004 横須賀市小川町25−1
☎046−825−2345
設立:1951年(昭和26年) 組合員数:36社(平成27年現在)
www.yokokan.jp

(大規模修繕工事新聞 第75号)2016-03-05

75-0375-0475-0575-0675-07


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA