「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

リフォーム相談、単価や合計金額は適正か…93.2%

75-23公益社団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターは1月29日、同センターのホームページに「住宅相談統計年報2015 資料編」を掲載しました。
住宅相談統計年報は同センターが2000年度から開始したもので、今回は2014年度の電話相談、専門家相談、住宅紛争処理について、相談内容等を統計的に整理したものを10月に発表。その資料編として具体的な集計データを掲載しています。
ここでは、マンション(共同住宅等)に関するデータをピックアップして紹介します。

2014年度の電話相談全体で「新規相談件数(相談するのが初めてという件数)」は26,136件で、前年度と比較して7.9%増加。このうち、「リフォーム相談」は9,305件で同3.2%増だった。

「リフォームの見積書を事業者から取得したが、妥当かどうか不安」などの消費者からの相談に対して、電話で助言を行うリフォーム見積チェックサービスでは、事業者から取得した見積書に関する相談件数(見積書の送付がないものを含む)は808件で、このうち、見積書の送付があった件数は534件であった。
(大規模修繕工事新聞 第75号)2016-03

75-2475-2575-26


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA