「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q58 修繕委員長の「独走」を止めるには

Q58 修繕委員長の「独走」を止めるには

 理事長に就き、管理組合の仕事に関心を持ってはじめて気づ いたことがあります。  管理組合にはもともと理事会の下部組織として修繕委員会が 存在します。  ところが、修繕委員長が建設業に携わる人であり、これまで 彼の都合のよいように事業がすすめられてきたようなのです。 今度、大規模修繕工事を計画しているのですが、今も委員長が 勝手に施工業者を決めて工事内容等が進んでいます。  修繕委員長の「独走」を止めるにはどうすればよいでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

「理事会の諮問機関、決定権はない」
まずは修繕委員会の細則、ルール制定を

 管理組合の役員の任期は1~2年ですが、大規模修繕工事は 計画から実施まで2~3年かかります。そのため、工事を完成 するためには理事会の諮問機関として修繕委員会を設置するこ とが少なくありません。  また、築年が古くなると修繕項目が増え、常設の修繕委員会 を置くケースもあります。そうすると、新任の理事会と、ベテ ランの修繕委員会の間で知識と経験の差ができ、力の均衡が崩 れてしまうというトラブルが起こるのです。  こうしたケースを防ぐには、次のような内容を含む修繕委員 会の細則などルールを定めましょう。
①修繕委員会は理事会の諮問機関であり、決定権はない ②修繕委員会は公募でも構わないが、任免権は理事会にある ③ 理事会の中に修繕担当理事等を決め、修繕委員会に特別委員 として入り、委員会の情報把握に努める ④ 修繕工事を受注する目的で委員会に入ることを防ぐため、委 員は工事の受注や営業活動ができないことを明確に定める  まずは修繕委員会のルール設定について、理事会と修繕委員 会でじっくり意見交換をしてはいかがでしょうか。大規模修繕 工事への取り組みはそれからでも遅くはないかもしれません。  <参考>NPO福岡マンション管理組合連合会30周年記念誌      『管理組合読本』

(大規模修繕工事新聞103号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ