「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

『四谷コーポラス 日本初の 民間分譲マンション1956−2017

日本初の民間分譲マンションである四谷コーポラス (1956年竣工・28戸)が2017年、建替えが決まり、解体 されることとなった。このマンションの歴史とともに、今 ある多くのマンションの将来を見て取れるといえる一冊で ある。
(1)区分所有法制定前に行われていた所有関係の整理
(2)今では当たり前の管理組合の立ち上げ、管理規約の 作成
(3)専有部分と共用部分の概念の設定
(4)全員同 意による建替え…どれをとっても現在のマンションの参考 となる先輩マンションの生き様が見て取れる。
模索しながら作り上げられた管理方式が、その後のマン ション管理のスタンダードを形作っていたといっても過言 ではない。インタビューでは住民、分譲会社(管理会社)、 建設会社等から、分譲当時の話も満載されている。
竣工当時のパンフレット写真、解体前の取り下ろしの写 真等も収録されており、記録書としても価値が高いといえ る。  竣工後60年、建替え完了とともにマ ンション再生の未来にも期待したい。
(大規模修繕工事新聞 No.105)

『四谷コーポラス 日本初の 民間分譲マンション1956-2017』
編者/志岐祐一、松本真澄、大月敏雄
発行/四谷コーポラス建替え推進委員会
発売/鹿島出版社
A4判209ページ・定価1800円+税
2018年7月5日発売
ISBN-13: 978-4306085633


ツールバーへスキップ