「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

マンション設備の改修 <解説と事例> 排 水 :「 単 管 式 排 水 シ ス テ ム 」 に つ い

 排水は上方から下方へ重力によって流れます。マンショ ンや団地など集合住宅の排水システムは、もともとヨー ロッパでの採用されていたシステムが日本に入ってきた ものです。
 単管式排水とは「通気管が無い(伸頂通気管は必要)」「雑 排水と汚水も合流」させた、排水管1本(単管)ですべ てがまかなえる合理的なシステムです。
 台所系統とその他の雑排水系統、汚水系統の配管を1カ所に集合させることから「集合管」ともいいま す。
 この単管式排水システムで、最も重要なポイントは「単管式(集合)継手」といえるでしょう。  単管式排水システムの「単管式(集合)継手」 は「ソベント継手」「セクスチア継手」が採用さ れています。「ソベント継手」はスイスで、「セク スチア継手」はフランスで開発されました。
 日本では昭和50年代、マンションが大量に建 設された時代に、現場施工を簡素化するために普 及されました。
 この継手は現在では製造されていません。また、築30年以上のマンションでは排水管や継手の劣化により 漏水事故が増え、管更新や更生の改修を行うマンション が増えています。
 築30年以上のマンションでは排水管や継手の劣化により 漏水事故が増え、管更新や更生の改修を行うマンション が増えています。
 当初、「集合継手は更生ができない」という概念があり ましたが、最近は複雑な継手でも塗布冶具を開発して更 生できるようになってきています。
  <文/全国建物調査診断センター・ 給排水設備担当:淵上>

(大規模修繕工事新聞 108号)

ソベント継手