月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

Q82 管理組合でクリスマスツリー購入できる?

Q82 管理組合でクリスマスツリー購入できる?

当マンションでは分譲以来、管理組合の管理費でクリスマスツリーを購入し、玄関ホールで、子どもを中心にクリスマス会を行ってきました。
ところが、ある住民から「クリスマスは本来キリスト教という特定の宗教のイベントであり、それに管理組合のお金を使ったり、共用部分を使用したりすることは許されるのでしょうか」という内容の投書を「ご質問・ご意見箱」にいただきました。
 理事会として、これはどのように回答したらよいのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

クリスマス会は娯楽イベント
組合員の親睦目的に限り、適法


  確かにクリスマスという行事は、本来的にはキリスト教という特定の宗教に基づくものであることは間違いありません。
しかし、現代の我が国という、時間的、空間的に限定された範囲を前提に考えると、その本来的な宗教性は極めて希薄であり、お花見やお月見などと同様のひとつの娯楽イベントに過ぎないと評価することが可能です。
 実際に、本設問の管理組合においても、クリスマスツリーの購入等を宗教行事の一環であるとの認識を持っているわけではないと思われます。よって、その目的が宗教意義を持つとはいえないでしょう。
 また、この程度の行為によって、キリスト教を援助、助長、促進する効果が生じるとは考えられません。
 よって、本設問の管理費によるクリスマスツリーの購入等についても、現代の我が国においては、組合員の親睦を目的にする限りにおいて、適法なものと考えられます。

<参考>
『マンション管理組合のトラブル相談Q&A』著者/中村宏弁護士・濱田卓弁護士

大規模修繕工事新聞 132号


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA