月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

『マンション防災の新常識』

 マンション防災士として活動する著者が考案し、マンション特有の防災対策を1枚の紙にまとめた「マンション防災スマートシート」が内閣府主催のジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)で優秀賞を受賞した。このシートは、災害発生時にマンション住民が最低限できる行動だけが書かれたもの。作成したシートをマンション内に掲示しておけばマンションの防災対策が誰でも一目でわかり、災害発生時にも住民一人ひとりが必要な対応をとれるようになるという。
 本書によるマンション防災の最大の目的は「自助の推進」。災害後、物騒でプライバシーのない避難所には行かずにマンションで安心できる在宅避難をするにはどうしたらよいか…マンションならではできる助け合い
と、そのための各戸の備え方が網羅されている。

(大規模修繕工事新聞  137号)


『マンション防災の新常識』
著者/釜石徹
発行/合同フォレスト
四六判・208ページ
定価/ 1,500円(税別)
2020年11月10日発行
ISBN:978-4-77266-176-8

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA