「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

防災ひとことエッセイ/菅 純一郎

15-10-70-30特有な必需品
災害時において最低限の水や食料といった物は、十分でないにしろ持っていなければ分け与えられることはあるでしょう。
しかし、そうはいかないものが多々あります。特に一般的でないものほどその傾向は強くなります。
高血圧や心臓病等持病のある方の薬、乳幼児がいる場合のおむつやミルク、ペットがいる場合もそうでしょうし、生理用品等もそれにあたるかも知れません。
皆さんのお宅にとっては当たり前でも特有な物が必ずと言って良いほどあるはずです。いざという時のために特有な必需品を想定して多めに保管しておくことが重要です。
食器棚の危険
前号のコラムで「家具の転倒防止」を掲載しましたが、震災時での家具転倒防止は安全上やその後、自宅内で過ごすことができるか否かに大きく影響します。
今回はさらなる対策として、食器棚からの食器の飛び出し防止方法をご紹介します。
一般的にお皿の収納は下から大中小の順番で置きますが、大小中の順番にした方が重量バランス上、棚から飛び出し難いことがわかっています。また、食器棚用耐震ロック等の扉が開かないようにロックする器具も販売されています。
ほんのちょっとの工夫で家族のリスクは軽減できるものです。ぜひ、お試しを。

(大規模修繕工事新聞 第70号)15-10-70-31


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA