「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

File Data. 19 千葉・船橋市/エステ・シティ船橋管理組合

2011-03-15-01「あのマンションで暮らしたいと思われるように」

エステ・シティ船橋管理組合は1月30日、近郊から10管理組合を招いて工事見学会・交流会を開いた。
現在、エステ・シティでは築60年以上を視野に入れた建物の長寿命化の観点から、とにかく品質にこだわった工事を進めている。
2011-03-15-02 主要工事の材料の保証期間を延長する(アスファルト・ウレタン防水、シーリングを15年、タイル・コンクリート補修、雨がかり外壁塗装を10年など)ことで大規模修繕工事の周期を12年程度から15年以上に伸ばし、建物のライフサイクルコストの軽減を目指すというのだ。
保証期間の延長はきちんとした施工を行うことが大前提。工期6カ月の計画を少数の職人が建物全体を受け持つことで8か月予定とし、万全の施工体制で品質を確保する。
「どの人からも、あのマンションで暮らしたいと思われるようにしたい」と理事長。工事にかける思いをそう話していた。
(大規模修繕工事新聞 第14号)

2011-03-15-032011-03-15-04


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA