「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

FST工法/工事中の居住者の精神的負担が軽くなると好評

71-1511-15 工事中、居住者が最もストレスを感じるのが、外壁補修で使用されるドリルの騒音だ。従来の工法はドリル音だけでなく、ドリルの打撃音によって振動が躯体を通して各住戸に伝わり、それが生活空間のストレスになっている。
FST工法は90件の特許の複合的応用からなり、各工程が特許によって構成されている。
第1工程で使用する低騒音ドリルは、ダイヤモンドヘッド、高速回転によって、モルタルやコンクリートの削る作業を行う。
粉塵も同時に吸い取る仕組みであるため、削った後の躯体もきれいで樹脂が接着しやすい状況を作る。
面取りに続いて樹脂を注入する工程がある。細いノズルにより、最深部から注入する事で確実に充填することができる。従来工法では躯体の最深部に届いていないケースも少なくなく、建物の強度自体の不安にもつながっていた。
最後の工程ではキャップ一体型の全ネジピンを挿入し、仕上がりの綺麗さと強度を高めている。
工法を手がけるFSテクニカル㈱の担当者は「従来工法も含め、工法の内容や根拠を認識して、どの工法に費用対効果があるかを選択してほしい」と話している。
(大規模修繕工事新聞 第71号)

71-1511-1671-1511-1771-1511-1871-1511-19


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA