「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

『マンション建替えがわかる本 ―円滑化法改正でこう変わる!』

71-1511-21 築30年以上のマンションが100万戸を超え、旧耐震基準・高経年マンションでは建替えの検討を行うケースが増えてきている。ところが、建替え費用や仮住戸の資金問題、既存不適格建築物による法規的な問題、さらには管理組合内の合意形成、専門家の不在等、建替えに関する基本的な知識や方法論が周知されている状況ではないのは確かだ。
国としても巨大地震の発生に備える状況から、耐震不足のマンションの耐震化の促進を掲げてマンション円滑化法の一部改正を行うなど、建替えの普及を手探りしている。

『マンション建替えがわかる本―円滑化法改正でこう変わる!』 日下部理恵・本山千絵/著 ㈱学芸出版社/発行 A5判・168ページ・定価2300円(税抜き) ISBN 978-4-7615-2600-9
『マンション建替えがわかる本―円滑化法改正でこう変わる!』
日下部理恵・本山千絵/著
㈱学芸出版社/発行
A5判・168ページ・定価2300円(税抜き)
ISBN 978-4-7615-2600-9

本書では「マンション建替えの壁」突破のポイントをはじめ、建替え事業の進め方を解説。さらには大阪・吹田市の「アトラス千里山星ヶ丘」、東京・新宿区の「シンテンビル左門町ハイツ」、東京・大田区の「オーベル
グランディオ萩中」等、建替え経験者のインタビューも掲載している。
建替え検討時の初歩的なバイブルとして活用できる1冊といえよう。

(大規模修繕工事新聞 第71号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA