「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

大規模修繕工事に最大22,000000万円の補助金/国交省

19-2011-07-11 国土交通省は5月30日、平成23年度「既存住宅流通・リフォーム推進事業」で、マンションの大規模修繕工事を行う際、1戸当たり25万円(ただし1管理組合2,000万円限度)の補助金を出すと発表した。
申し込みの締め切りは7月29日までで、必須工事を行う(下記参照)、大規模修繕工事瑕疵保険に加入する、住宅履歴情報の登録・蓄積を行うことが要件に入っている。
東日本大震災のため、国土交通省からの発表が遅れたが、補助事業の狙いに沿って申請することで、来年度の予算額が期待できる。

補助制度(大規模修繕タイプ)の概要

19-2011-07-12募集期間 5月30日~7月29日(必着)
補助対象  平成13年3月31日以前に竣工した建物で以下の適合するもの
・昭和56年6月1日以降の新耐震基準建物
・ 昭和56年5月31日以前で耐震改修等を行った新耐震基準建物
応募資格者 ( 大規模修繕タイプ)分譲共同住宅の管理組合
補助要件 以下の要件を満たすこと
・共用部分の長寿命化を図る
・大規模修繕工事瑕疵保険に加入する
・住宅履歴情報の登録または蓄積を行う
対象工事 必須工事(必ず実施しなければならない工事
・中性化
・塩害対策
・屋上防水(断熱工事含む)
・外壁改修(剥落防止工事含む)

選択工事(少なくとも1つは実施しなければならない工事)

・ 水槽、給水管および給水設備の耐久化
・手すりおよび鉄骨階段の耐久化
・バリアフリー対策
・省エネ対策
・電気自動車充電設備設置
補助費用  戸数×25万円。ただし、1管理組合当たり2,000万円を上限とする

(大規模修繕工事新聞 第19号)2011-07


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA