「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

みんなで工事体験/ラ・コピエ門前仲町管理組合

76-191回目の大規模修繕工事を実施している東京・江東区のラ・コピエ門前仲町管理組合で3月19日、工事の作業を体験できるイベントを開催しました。企画は修繕委員会、主催は施工者の㈱エーファイブです。
76-20企画の狙いは、住民と職人のコミュニケーションです。どんな作業をしているのか、「それを体験してもらうことで、工事に対する満足度を高めてほしい」とエーファイブの木村康三社長。シーリング材の注入と外壁上塗材の塗装を体験してもらいました。
工事体験以外にもプレゼントがもらえるコーナーを設け、職人さんと触れ合える企画を催しました。修繕委員からも「住民との距離が縮まることで職人にもやりがいが芽生え、工事の品質向上につながるのでは」と期待が寄せられています。
2月18日から仮設工事を開始。1カ月後の現段階で調査が終わり、これから本格的な作業がはじまることになります。
今回の工事の大きな特徴は、枠組み足場を設けないこと。エーファイブはロープブランコによる施工を得意としていて、マンションの状況に応じて、ロープ工法と通常の足場を併用した大規模修繕工事を提案しています。
ラ・コピエ門前仲町では、正面エントランス側の外壁タイルに浮きが多くみられたため、正面側はゴンドラ足場を採用し、その他はロープブランコによる施工を行う予定です。
(大規模修繕工事新聞 第76号)

 

76-2276-21


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA