「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

エレベーター維持管理指針、 標準契約書を公表/国土交通省

76-25 国土交通省・建築指導課は2月19日、「昇降機の適切な維持管理に関する指針」「エレベーター保守・点検業務標準契約書」を公表しました。
エレベーターの適切な保守管理確保のため、所有者・管理者等、保守点検業者、製造業者が担うべき役割を指針で示し、業内容を契約書で提示するというものです。
管理組合がなすべき事項としては、保守点検マニュアル、作業報告書等の保存、安全標識等による利用者への注意喚起が明記されています。
また保守・点検業者の選定では、契約金額のみによって決定するではなく、業務仕様や担当者の能力、会社概要等を総合的に評価することを管理組合に求めています。
さらに、管理組合は標準契約書では業務担当者の特定と担当者の業務能力の明確化。契約書に付随する標準仕様書では、頻度部品修理、交換の範囲、緊急時対応等に関する技術的細目の規定についても確認するように指摘しています。
こうした対応の参考として、保守点検業者の選定や保守契約の際に留意すべき事項チェックリストも添付されています。
●問い合わせ
国土交通省住宅局建築指導課
☎03-5253-8111(内線39-513)
www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000607.html

(大規模修繕工事新聞 第76号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA